脱サラ投資家の夢日記

~負けない投資で理想の人生を目指す!資産運用 奮闘記~

資産運用のすすめ ~サラリーマンむき?太陽光発電投資~

こんばんはー

脱サラ投資家(仮)の株ねずみです。

 f:id:rokusans:20200429230413p:plain

太陽光発電投資は、太陽が照らしてくれる限り安定的に所得を届けてくれます。

セミリタイアを実現する上でどうしても外せないのが不労所得。

株式投資によるキャピタルゲインは成功すれば大きいのですが…

どうしても安定的なものではありません。

 

そこで、安定的に収入を得られる、インカムゲインも必要だと考えました。

今回はそんなインカム投資である太陽光発電のお話。

 

  

セミリタイアへの鍵

【不労所得】

安定的なセミリタイア生活を送るには安定的な収入、つまり不労所得が必要です。  

将来的な理想の生活は…

インカムゲインによる不労所得で生活(生活費は全てインカムゲインでまかなう)

しつつ、 キャピタルゲインで資産を増やす。 増やした資産をまたインカム投資へ。

この循環を造るこそ、安定的なセミリタイア人生を送る鍵だと考えております。

 

【どうやって不労所得を増やそう?】

具体的方法についてはこちらを是非ご覧ください。

 

現時点での私の不労所得は?

【米国高配当ETF】

米国高配当ETFの「SPYD」と「VYM」に投資しております。

投資総額は300万ほど。

月単位でいうと、配当は8000円くらいでしょうか。  

(このご時世、減配のリスクは大いにありますが…。)

コロナショックで下落してるときにチャンスとばかりに仕込みましたw

このETFは、キャピタルゲインもインカムゲインも狙える投資だと思っております。

www.rokusan-2020.com

 

【太陽光発電】

千葉に2基。 三重に1基。

計3基契約しています!  

2020年の3月・4月に契約したばかりでまだ1基も発電してませんw

 

千葉は6月中には売電開始予定。三重は2020年末くらいになりそう。  

投資総額はもろもろ込々で4000万弱くらい。

(金利とかフェンスとかメンテナンス代、全部含む)

もちろん融資を駆使してます。

 

恐らく売電収入は月々20万くらい。(ローン終わるまでは数万程度…)

まだシュミレーション段階なので正確には言えませんが…

     

なんで太陽光発電?

【FITがある!】

簡潔にいうと、20年間、国が売電価格を固定・保障してくれる制度がFIT。

再生可能エネルギー促進のための、国制です。

 

現在は、1kWhあたり買い取り金額は14円+税で20年間固定。   

10~50kW未満の産業用発電システムの固定買取価格は…

40円→

36円→

32円→

29円→

27円→

24円→

21円→

18円→

14円→…

年々買い取り金額は下がっておりますが、システム導入費用も下がっているので、

利回りはあまり変わってないようです。

 

【安定した利回り】

表面利回り10%前後。*実質利回りは後記

不動産と違って空き部屋問題などのリスクもない。

太陽が照らしてくれる限り、発電を続けてくれます。

 

過去のデータから収益の予測が立てやすいというのも魅力なんです。

 

【融資が受けやすい】

これが安定雇用・収入・信用抜群のサラリーマンにとって最大の強み。

予測できる安定した収益を得られる証拠に、融資がとっても受けやすいんです!

「ソーラーローン」といった太陽光発電投資のための専門ローンがあるくらい。

 

もちろん年収や信用(会社の信用もw)にもよるのでしょうが、

最大3000万程度の融資が通るようです!

実際私のトータルローン金額は3000万円ほどです。

ちなみに私のサラリーマンとしての年収は、700万円弱でした。 

 

 

太陽光発電投資の懸念材料

【リスク】

ノーリスクなんてありえません、投資において。

 

考えられるリスクとしては…  

20年経過後(FIT終了後)の売電価格はどうなるのか?

これが一番の懸念材料。

FIT制度終了後どうなるのかは、まだ誰にもわかりません…。  

 

いくらで買い取ってくれるの?

そもそも買い取ってくれるの?

この辺は投資家として予測しなきゃなりません…  

 

私個人の意見としては…

まず買い取りはするでしょうと。(たぶんw)

だっていきなり、ハイ!買い取りやめました~!

なんて、国民に対して通じませんよね…?

もう太陽光発電へ投資した投資家は山ほどいますし。

 

それに、原子力発電や火力発電に頼った現状、日本は世界中から叩かれてます。

先進国としてエコを推進するのは義務です。

つまり、日本はもっともっともーっと、

再生可能エネルギーを推進しなければならない。

そのど真ん中の太陽光発電を切るという選択肢はないでしょう。

 

と、思っているわけです、勝手にw

 

【災害や故障は大丈夫?】

こればっかりは分からないし、どうしよもない。

ていうか、言い出したらキリがない。

ノーリスクの投資なんてないですから。  

 

ただ一つ、安心材料があります。

それは災害や故障のに対する 保険・保証。

 

保険加入は必須だと思います。

私の場合はローン会社が保険をやってまして、ローンを組むのと同時に

自動的に加入できました。

 

発電システムの肝、パワコンやソーラーパネルにもメーカー保証がついてます。

パワコンは10~15年程度

ソーラーパネルは25年程度

結構長めの期間、保証が付いてます。

これはかなり安心材料ですよね。

 

ソーラーパネルの25年保証はビックリしました。

そうそう壊れるものではないらしく、30年以上は余裕でもつんじゃないかと…

営業さんは言っておりましたw  

 

【維持するためのメンテナンスは?】

だいたいの太陽光発電所の取り扱い会社は、メンテナンスプログラムがあります。

これには、点検整備・清掃・草刈りなどがセットになっておりまして、

基本運営は全部丸投げOKですw  

 

ただ、太陽光発電所が自宅の近くにある場合は、メンテナンスプログラムには入らなくていいかもしれません。

年に数回程度なら、清掃や草刈りは自分でもできますし、故障も少なそうなので、

何かあればその都度依頼すればいいと思います。  

 

もう一つは、監視システムもあります。

これは監視カメラがついていたり、その映像や毎日の発電量が、スマホやPCで確認できるという安心便利なシステムです。

これがあれば故障して発電できないなんてことがあっても割とすぐ対処できますよね。  

【表面利回りと実質利回り】

だいたいうたわれている太陽光発電の利回りって10%前後ですよね。

中には12%や14%なんてものもあります。

「実質利回り」は、ほぼほぼここまでいかないと思っております。  

 

多くうたわれているのは「表面利回り」といって、

予測売電収入÷システム設備代金×100

で計算されてます。

土地代が入ってなかったりもする。  

 

「実質利回り」を出すには、

土地代・パワコン電気代・固定資産税・メンテナンス費・固定償却資産税などの出費や経費も加味しなきゃいけません。

恐らく、もろもろ加味すると

「実質利回り」は7~8%くらいになるのではないかと…

ローンの金利なんかも加味すればもっと下がりますね。  

 

でも7%前後でも十分高い!

なかなかそんなインカム投資はありません。

 

FIT制度が終了して、半分以下の買い取り価格になったとしても、

十分続けていける利回りだと思います。

ソーラーパネルが30年以上もつのでは…という情報も加味しますと、

30~40年は見据えて投資できると思ってます。

ゆえに私は、土地とセットで購入してます。(賃貸もあるんですが)  

 

*あくまで現時点ではシュミレーションなので、利回りについては断言できません。  

実際に売電が始まりましたらご報告します。

 

より現実に近い実質利回り掲載↓

 

 

最後に

 

まとめ

リスク

・FIT制度終了

・災害・故障

・メンテナンス維持  

  (保険やメンテナンスプログラムで対応可能)

メリット

・20年間の固定売電価格制度

・安定的なキャッシュフロー(実質利回り)

・融資を利用して増やせる(サラリーマンの強み!)

・実際は20年以上投資対象にできる!?  

 

リスクとメリットを総合的に考えて…

私は太陽光投資をすることに決めました!  

まだ実績についてはお伝え出来ないのが残念ですが…

売電が始まったら随時報告するつもりです!  

 

それでは。 今日はこのへんで…